山形県天童市にある、美味しい果物を栽培・生産しているフルーツ果乃蔵のこだわりの栽培方法

山形県天童市にある、美味しい果物を栽培・生産しているフルーツ果乃蔵独自のこだわり

フルーツ果乃蔵ではエコファーマー認定に基づき、5年前から
家畜排泄物の堆肥利用の手作りボカシ肥料の施肥・土づくり・化学肥料、
農薬の使用低減を図り、「環境保全型農業」に日夜取り組んでおります。

栄養周期栽培とは

生きているもの全ては、人が乳児から大人へと成長していくように成長する過程があります。
成長に伴って、食べる物も ミルク、離乳食、普通食へと移り変わって行きます。
植物も芽が出て、りっぱな葉となり枝となり、やがて花芽を持ち、花を咲かせ実を稔らせます。
その成長する過程、段階に合わせて人も植物も必要な時期に必要な栄養を欲しがります。
果樹においても一年間(収穫後~収穫期まで)に発育に応じた時期・時間帯に、適種・適量の
栄養要素を与えてやことで健全な花が咲き、確実に受粉させ、幼果となり、
美味しい果実への収穫に一歩一歩すすんで行きます。
また、樹体は健康に成長することで、病害虫から身を守ることも出来るようになります、
当然農薬の回数も減らすことができます。

当フルーツ果乃蔵の減農薬栽培はここにあり、減農薬栽培の果実は、食味が増し、
糖度が上がり、香りの高い安全な果実と仕上がります。

山形県天童市にある、美味しい果物を栽培・生産しているフルーツ果乃蔵独自の工夫

美味しい果物をお届けするため、栽培方法にもさまざまな工夫を重ねています。

山形県天童市にある、美味しい果物を栽培・生産しているフルーツ果乃蔵独自の土作り

化学肥料を使った土には虫がいません。
虫がいないということは、実は土に栄養がないことと同じです。
近年は土壌中にミミズが生息しにくい状況になっています。
ミミズが生息するということは、土壌が汚染されてないことと、
ミミズにより微生物が繁殖し、優良土壌菌の繁殖していることを
意味しています。ミミズ生息土壌は栽培のための絶対条件です。

通常の草刈作業は地上に草があり養分が空気中に蒸発してしまいます。
そこで、養分をまた土壌中に戻してやる、果乃蔵独自の方法を取り入れました。

01.

畑に肥料をまきます。土一面
にカビの様に白い菌が発生し、
土中微生物が活性化されます。

02.

養分たっぷりの土になります。

03.

栄養沢山の土から、十分に栄
養を吸った草を根っこから刈
ります。

05.

腐植した草の栄養によって、良質な青々とした草が生えてきます。こうやって土を活性化させていきます。

04.

地下3cmを耕耘し、草を地中で腐食させます。

国内産100%飼料で育てた天童牛の堆肥と、6種類の有機物
から作られた肥料。土を数センチ堀起こせばミミズが生息
する豊かな土壌で果乃蔵の果物は栽培されています。

山形県天童市にある、美味しい果物を栽培・生産しているフルーツ果乃蔵独自の土中漢中作業

根っこに直接栄養をあげる作業です。栄養はもちろん無農薬。

01.

トラックに漢中機を乗せ、畑
へ向かいます。

02.

効エキス(栄養)を水で希釈。

03.

土の中に漢中機の先入れ、栄
養剤を注入。根本の周りに十数箇所注入します。

04.

れによって直接根っこに栄養が与えられるので効き目にも即効性があります。

山形県天童市にある、美味しい果物を栽培・生産しているフルーツ果乃蔵独自の葉面有機散布

3つの葉面塗布剤を使用しています。
健康な樹を管理するためには欠かせない作業です。

木酢液

つんとする臭いで、虫が嫌う臭いです。栄養分も豊富なので有機栽培には最適です。

天然好物

注目されている海の栄養。ミネラルたっぷり。果樹の糖度、果樹の実の生長に働きかけてくれます。

果乃蔵特性葉面散布剤

リン酸カリシウム。果実の着色と、こくのある甘みを仕上げる栄養剤です。

左の三つをあわせて散布します。ごらんの通り、厚みがあり表面はとろとろした理想的な葉っぱになります。

山形県天童市にある、美味しい果物を栽培・生産しているフルーツ果乃蔵独自のさくらんぼ開花前の霜対策

自然に害のない米ぬかを原料とした物を燃焼させ、
マイナスの外気温から花芽を守ります。(朝4時頃)

海藻天然鉱物と糖蜜を混ぜ機械で散布させ、
花芽に膜を作り保護します。(霜割対策)

山形県天童市にある、美味しい果物を栽培・生産しているフルーツ果乃蔵独自のさくらんぼ雨避けハウス

さくらんぼの時期は梅雨時期なので、粒を雨から守るために
ハウスを掛けますが、フルーツ果乃蔵ではハウスの周りの
青いネットに独自の一工夫をしております。
ハウスの周りの青いネットは4月上旬に張ります。
このネットに虫よけの果乃蔵特注の有機物をかけています。
これによって、周りから害虫が入り込まなくなります。
害虫は本当に少なくなり、殺虫剤の投入が削減されここでも
減農薬につながります。
また、防風対策にも効果的です。
風が強いと受粉に必要なマメコ蜂の活動が低下したり、
風による果実のスリキズの原因にもなります。

山形県天童市にある、美味しい果物を栽培・生産しているフルーツ果乃蔵のこだわりの栽培方法

山形県天童市にある、美味しい果物を栽培・生産しているフルーツ果乃蔵独自のこだわり

フルーツ果乃蔵では
エコファーマー認定に基づき、
5年前から家畜排泄物の堆肥利用の
手作りボカシ肥料の施肥・土づくり・化学肥料、
農薬の使用低減を図り、「環境保全型農業」に
日夜取り組んでおります。

栄養周期栽培とは

生きているもの全ては、
人が乳児から大人へと成長していくように
成長する過程があります。
成長に伴って、食べる物も
ミルク、離乳食、普通食へと移り変わって行きます。
植物も芽が出て、りっぱな葉となり枝となり、
やがて花芽を持ち、花を咲かせ実を稔らせます。
その成長する過程、段階に合わせて人も
植物も必要な時期に必要な栄養を欲しがります。
果樹においても一年間(収穫後~収穫期まで)に
発育に応じた時期・時間帯に、適種・適量の
栄養要素を与えてやことで健全な花が咲き、
確実に受粉させ、幼果となり、
美味しい果実への収穫に一歩一歩すすんで行きます。
また、樹体は健康に成長することで、
病害虫から身を守ることも出来るようになります、
当然農薬の回数も減らすことができます。

当フルーツ果乃蔵の減農薬栽培は
ここにあり、
減農薬栽培の果実は、
食味が増し、
糖度が上がり、香りの高い
安全な果実と仕上がります。

山形県天童市にある、美味しい果物を栽培・生産しているフルーツ果乃蔵独自の工夫

美味しい果物をお届けするため、
栽培方法にもさまざまな工夫を重ねています。

Method01.

土作り

山形県天童市にある、美味しい果物を栽培・生産しているフルーツ果乃蔵独自の土中漢中作業

化学肥料を使った土には虫がいません。
虫がいないということは、
実は土に栄養がないことと同じです。
近年は土壌中にミミズが生息しにくい状況に
なっています。
ミミズが生息するということは、
土壌が汚染されてないことと、
ミミズにより微生物が繁殖し、
優良土壌菌の繁殖していることを意味しています。
ミミズ生息土壌は栽培のための絶対条件です。

通常の草刈作業は地上に草があり
養分が空気中に蒸発してしまいます。
そこで、養分をまた土壌中に戻してやる、
果乃蔵独自の方法を取り入れました。

01.

畑に肥料をまきます。土一面にカビの様に白い菌が発生し、土中微生物が活性化されます。

02.

養分たっぷりの土になります。

03.

栄養沢山の土から、十分に栄養を吸った草を根っこから刈ります。

04.

地下3cmを耕耘し、草を地中で腐食させます。

05.

腐植した草の栄養によって、良質な青々とした草が生えてきます。こうやって土を活性化させていきます。

国内産100%飼料で育てた天童牛の堆肥と、
6種類の有機物から作られた肥料。
土を数センチ堀起こせばミミズが生息する
豊かな土壌で果乃蔵の果物は栽培されています。

Method02.

土壌漢中作業

根っこに直接栄養をあげる作業です。
栄養はもちろん無農薬。

01.

トラックに漢中機を乗せ、畑へ向かいます。

02.

効エキス(栄養)を水で希釈。

03.

土の中に漢中機の先入れ、栄養剤を注入。根本の周りに十数箇所注入します。

04.

れによって直接根っこに栄養が与えられるので効き目にも即効性があります。

Method03.

葉面有機散布

3つの葉面塗布剤を使用しています。
健康な樹を管理するためには欠かせない作業です。

木酢液

つんとする臭いで、虫が嫌う臭いです。栄養分も豊富なので有機栽培には最適です。

天然好物

注目されている海の栄養。ミネラルたっぷり。果樹の糖度、果樹の実の生長に働きかけてくれます。

果乃蔵特性葉面散布剤

リン酸カリシウム。果実の着色と、こくのある甘みを仕上げる栄養剤です。

上の三つをあわせて散布します。ごらんの通り、厚みがあり表面はとろとろした理想的な葉っぱになります。

Method04.

さくらんぼ開花前の霜対策

自然に害のない米ぬかを原料とした物を燃焼させ、
マイナスの外気温から花芽を守ります。(朝4時頃)

海藻天然鉱物と糖蜜を混ぜ機械で散布させ、
花芽に膜を作り保護します。(霜割対策)

Method05.

さくらんぼ雨避けハウス

さくらんぼの時期は梅雨時期なので、
粒を雨から守るためにハウスを掛けますが、
フルーツ果乃蔵ではハウスの周りの青いネットに
独自の一工夫をしております。
ハウスの周りの青いネットは4月上旬に張ります。
このネットに虫よけの
果乃蔵特注の有機物をかけています。
これによって、周りから害虫が入り込まなくなります。
害虫は本当に少なくなり、
殺虫剤の投入が削減されここでも減農薬につながります。
また、防風対策にも効果的です。
風が強いと受粉に必要なマメコ蜂の活動が低下したり、
風による果実のスリキズの原因にもなります。